稲穂を彩るヤマホの醤油味

安政三年から所沢に蔵を構えるヤマホ醤油をたっぷりと使用。土地に根付く焼団子ために100年以上前から深井醤油が研究を重ねてきた「粉もの専用」醤油です。「陸稲の焼団子にゃヤマホ醤油」と昔から言われるほど、陸稲との相性はバッチリ。焼いた時の香ばしさはお煎餅になっても健在です。

口の中で広がるお茶の香り

遥か昔から日本の心に沁み込んでいる茶の香り。お煎餅にも使用いたしました。 煎じて飲むのが嗜み方でしたが、「食べらる茶葉(EATea)」を新開発。 抹茶を練り込んだお煎餅の上からEATeaを振りかけた贅沢仕上げになっています。 口の中から広がる狭山茶の風味が日本人のクセになります。

味わい広がる甘味の茶菓子

甘みを施した 独特の彩色をしたお煎餅もご用意しました。 素材の特徴で様々な表情を見せる茶菓子の日本代表、お煎餅。 おこさまも楽しめる仕上がりになりました。 旨味と渋味が評判の狭山茶と合わせて是非ご賞味ください。

銘茶「狭山茶」をティーパックで

「色は静岡、香りは宇治よ、味は狭山でとどめさす」と謳われる日本三大銘茶のひとつ「狭山茶」の深い味わいは古くから多くの方々に親しまれてきました。この日本を代表する狭山茶をティーパックにして同封。日本の一服を感じられるよう3種類のお煎餅とセットでお楽しみ頂けます。

「陸稲」を使用した風味豊かなお煎餅。

畑でつくる稲、それが陸稲(おかぼ)。昔、水脈の少ない所澤の台地でも逞しく育つ陸稲を、稲の代わりに作っていました。そのままで食べると癖があるため団子や煎餅となって広まりました。そんな昔の耕人の知恵を三味のお煎餅へとアレンジしました。世界に誇る狭山茶も添えて、心がほっとするおいしいひと時をお届けします。

いつでもどこでも、
誰とでも。

3種類のお煎餅を2枚ずつ、そして6個の狭山茶ティーパックをセットにした農民煎餅。キャンプや旅行に連れ出してください。老若男女誰でも楽しめるお煎餅だから手土産にもピッタリ。風変わりなパッケージデザインや、三味三様の驚きの味わいが会話に花を咲かせます。大切な人達との楽しいひと時を、ちょっと小粋に演出しませんか?